Wednesday, 27 February 2008

こぶとりじいさん The Old Man Who Got Rid Of His Lump

It is time for this weeks fairy tale exchange program. On the Japanese side we have the tale of the story of the old man, who got rid of his lump. The Kobutirujiisan:


こぶとりじいさん

 むかしむかし、あるところに、ほっぺたに大きなこぶのあるおじいさんがすんでいました。
 おじいさんがまきをわるたびに、ほっぺたのこぶが、ブルルン、ブルルン。
 それはそれは、とてもじゃまなこぶでした。
 でもこのおじいさん、そんなことはちっとも気にしない、のんきなおじいさんです。
 おなじ村に、もう一人、ほっペたにこぶのあるおじいさんがすんでいました。
 こっちのおじいさんは、このじゃまなこぶが気になってか、いつもイライラおこってばかり。
 ある日、のんきなおじいさんは、森のおくで木を切っていました。
 すると、いつのまにやら、ポツリ、ポツリとふりだした雨が、とうとうどしゃ降りになってしまいました。
 おじいさんは、大きな木のうろにとびこんで雨やどりをしました。
 そのうち、このおじいさん、ウトウトとねむりこんでしまったのです。
 雨がやんでも、月が出ても、グーグー、グーグー、高いびき。
 いつのまにやら、日もとっぷりとくれて、ま夜中になってしまいました。
 するとどこからか、にぎやかなおはやしの音が聞こえてきたではありませんか。
「おや、どこからじゃろ?」
 目をさましたおじいさんは、その音のするほうへ近づいていって、それはもうビックリ。
 この森のおくにすむ鬼たちが、歌いおどっていたのです。
♪ピーヒャラ、ドンドン。
♪ピーヒャラ、ドンドン。
 赤い鬼、青い鬼、大きい鬼、小さい鬼。
 みんな、飲んで歌っての大にぎわいです。
 見ていたおじいさんは、こわさをわすれて、思わずおどりだしてしまいました。
 おどろいたのは、鬼のほうです。
「あんれ、おもしれえおどりじゃ」
 おじいさんのおどりが、あまりにも楽しいので、こんどは鬼のほうが、おじいさんといっしょにおどりはじめました。
 そしてとうとう、鬼のおかしらが立あがって、おじいさんと手をとりあっておどります。
 のんきなおじいさんと陽気な鬼たちは、時がたつのもわすれておどりつづけました。
 そのうちに、東の空が明るくなってきました。
 もう、夜明けです。
「コケコッコー」
「ややっ、一番鳥がないたぞ」
 朝になると、鬼たちは自分のすみかに帰らなくてはなりません。
「おい、じいよ、今夜もおどりにこいよ。このこぶをあずかっておくからな。今夜きたら返してやる。えい!」
 鬼のおかしらは、おじいさんのこぶをもぎとってしまいました。
 おじいさんは、思わずほっペたをなでました。
「おおっ、こぶがない」
 きずものこさず、こぶはなくなっていたのです。
 村へ帰ったおじいさんは、うれしさのあまり、もう一人のこぶのおじいさんに、ゆうべのことを話しました。
「なに! 鬼がとってくれただと」
 こっちのおじいさん、うらやましいやらくやしいやら。
「よし! わしもとってもらおう」
と、夜になると森のおくへ出かけていきました。
 やがて、おはやしの音が聞こえてきました。
 このおじいさん、心が暗い人でしたから、陽気な鬼のおどりを見ても、すこしも楽しくなれません。
 おどる鬼たちを見て、ただ、ブルブルとふるえているだけです。
 でも、鬼のところへ出ていかないと、こぶはとってもらえません。
 おじいさんは、思いきって鬼の前に出ていきました。
「よっ、まってました!」
 鬼たちは、大よろこびです。
 でも、おどりなんか大きらいなこのおじいさんに、楽しいおどりをおどれるはずはありません。
「・・・・・・!」
 とてもへたなおどりに、鬼のおかしらは、だんだんきげんがわるくなってきました。
 そして、
「二度とくるな、こんなもの返してやる!」
 ペタン!
 おじいさんは、ほっぺたにもう一つのこぶをつけられてしまいました。

おしまい


Kobutori Jiisan
(The Old Man Who Got Rid Of His Lump)

Once upon a time, there lived a kind old man and a mean old man.

The kind old man had a big lump on his right cheek, and the mean old man had one on his left cheek.

One day, the kind old man went to the mountains to get firewood.
He was tired from working and fell asleep in the shade of a big tree.

The old man woke up to lively, loud voices, and from behind a tree he saw small and big demons, red and blue demons sitting in a circle, drinking rice wine.

At first the old man was astonished and scared by the sight, but he slowly became happy as he watched the demons sing and dance.

“Hmm, this looks like fun.
 Why don’t I join them and dance?”

he said, and walked up to the demons without fear

“Hey, hey, who is this old guy?”

said the demons surprised at the stranger’s appearance.
But soon, they started clapping for the old man’s funny dance.

The demons made their most skillful dancer dance in accord to the old man, and it was a dance truly wonderful for the eye to watch. The skillful demon was very happy and they danced for a long time, until they both grew wary and
the demon said to him,

“Hey, old man, we sure liked your
 unique dance.
 Come again and dance for us.”

“Yeah, do come again.
 And take this treasure as a reward,”
said another demon.

“Come again next month.
 We’ll keep your lump until then so
 you won’t forget to come,”
said the third demon, and took the lump from the old man’s cheek.

The kind old man went back joyfully having been taken his lump.

This kind old man’s story made the mean old man very anxious to meet the demons; so he went to the mountain on the day of their next party.

When the demons started drinking, the mean old man went right up to them, and began dancing.
The demons first were happy, because they thought it was there friends from last night again. Immediately they sent their best dancer to dance with the old man. However, his dance was so bad that the skillful demon got really angry at him.

“Hey, you, stop.
 Your dancing is no fun at all,”
shouted the demon.

“Yeah, it’s so different from the
 other day.We don’t wanna see such
 boring dancing,”
said another demon, thinking this was the kind old man.

“Just stop and go home,”
said the third.

“Here, take this lump of yours, too,
 and never come back,”

Still mistaking the two old men, another demon said, and he put the kind old man’s lump on the mean old man’s right cheek.

Now with a lump on both cheeks, the mean old man walked home crying full of regret for being so selfish.

                  The end

3 comments:

Leslie P. Polzer said...

That's a nice fairy tale :)

Claire said...

hmmm sorry just felt I had to point out the story is called in english "little red riding hood"

Still very sweet

xox

Vilwarin said...

I changed the name to Little Red Riding Hood, I like this name more ^-^.

Yes fairy tale exchange rules =D